fc2ブログ
4761275650
プロフィール

マッキー

Author:マッキー
鬱病歴約20年の
キモオタデブハゲヒキニート
様々な職歴と顔を持つ謎人間
最近は容姿・言動とも
仙人になりつつあるらしい

月別アーカイブ

国会会期延長

2015-06-22

国会の会期が24日に迫る昨日、会期が9月後半まで延長されることが決定されました。
理由は集団的自衛権行使についての法案審議のため、なのですが。

私見としましてはこの会期延長に全く意味がない
むしろ無駄遣い以外の何物でもない、と見ています。

まず、法案そのものは11年前、小泉政権時代に話し合われた、
現行(当時)のままで集団的自衛権を行使可能にする法解釈はできないか、というコンセプトを引き継いでいます。
ちなみに安倍総理は小泉政権の官房長官をつとめていました。

また現状の審議の様子を国会で見るに、児戯に等しい、
解り易くいえば小学生の学級会のほうがマシというレベルです。
決めている内容の「重さ」が違うだろうという指摘がありそうですが、少なくとも小学生の学級会でヤジは飛ばないでしょう。

学級会のほうが~はいつも思うことなので今更ではあるのですが、問題は別のところにあります。
質問するほうも答えるほうも、問題の本質を理解していない

法案の中身を仮にぬかみそに置き換えてみましょう。
むしろぬかみそに失礼かもしれませんが、そこは目をつぶってください。
法案の審議はぬかみそをかき混ぜるようなもので、底までしっかり空気を入れなければ、
混ぜられなかったところから腐ってきてしまいます。
しかし放映される国会の審議内容を見ていると、両者ともぬかみその表面をさらっているだけ。
「かき混ぜる」というレベルに達していないのです。

無論、これは基本的に質問するほうに問題があり、かき混ぜるような鋭い手を入れていかないので、
答えるほうはそれに応じて表面をならすだけで済んでしまっているという現状です。
時折、それなりに鋭い手がちょっと表面を突き抜けても、答弁がのらりくらりとその穴を埋めてしまっています。
この点については自民党総裁の座を安倍総理と争った石破氏の著書「日本人のための『集団的自衛権』入門(新潮新書)」のほうが
余程解り易い答えを提示してくれています。

では私の意見を述べましょう。
安倍総理は衆議院を解散し、
国民の信を問うべきです。

現在のように密室の閣議決定、表面をなでるだけの国会審議を9月まで続けても何の意味もありません。

イラク・サマワ派遣の際には幸いにも現場では死者はでませんでしたが、帰ってきた自衛隊員が自殺しています。
これが現場で死者がでた場合、遺族にはどのような補償がなされるのか。
リスクが高まる危険性を危惧する声もありますが、リスクなど最初からあるのです。訓練中にも死者はでています。
自衛隊員は日本の専守防衛のため、国内の災害救助のためには命を惜しまないことを誓った所謂志願兵ですから、問題にならないだけです。
ただ今までは自衛隊員の戦死者がいなかった。これが重要。

実のところを言うと、私自身は集団的自衛権は賛成とか反対ではなく、
個別的自衛権と同様に持っていて当然の権利と捉えています。
ただ現在自民党が推し進めようとしている法案には断固反対の立場を取ります。
線は引けない、穴は多い、説明はできない、補償は解らない、見通しが立たない等々、雑で稚拙にも程があります。

政治・時事 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる