google.com, pub-9160001738840823, DIRECT, f08c47fec0942fa0 うつぺでぃあ! 2023年10月
fc2ブログ
4761275650
プロフィール

マッキー

Author:マッキー
鬱病歴約20年の
キモオタデブハゲヒキニート
様々な職歴と顔を持つ謎人間
最近は容姿・言動とも
仙人になりつつあるらしい

月別アーカイブ

新「経世済民」新聞

2023-10-31

 岸田総理が「増税メガネ」と呼ばれた理由は、
もちろん実際に増税
(インボイス導入、社会保険料、
労働保険料引き上げ)を実施した
というのもありますが、
それ以上に、
「次から次へと、
増税メニューを提示した」
 ためでございます。


 岸田内閣が俎上に載せた
増税の一つが、
「退職金の控除見直し」。


 つまりは、退職金増税です。
退職金を受け取った際の控除について、
「勤続年数20年までは、
1年40万円。
20年超の部分については、1年70万円」
 とされている部分の「後半」を無くす、
という増税です。


 勤続年数30年の人は、
40万円x20+70万円x10=1500万円。
1500万円の所得控除を受けられます。
退職金が2000万円だった場合、
500万円部分にしか
所得税が課せられないわけですね。


 これが、20年超の優遇を無くすと、
40万円x30=1200万円。
退職金が2000万円の場合、
800万円部分に課税されることになる。
これは、相当に大きな増税になります。


 もちろん、退職金増税は
「雇用の流動性強化」とセットになっており、
労働者に長期雇用を
「望ませない」新自由主義政策の一部です。
退職金控除が大きいから、
労働者が長期雇用を望む。
結果、労働市場の競争が抑えられ、
賃金を抑制できない、という理屈ですね。


退職金増税は、
骨太の方針2023に
「退職所得課税制度の見直し」として入り、
閣議決定されています。


 『退職金税制、見直し先送り
24年度税制改正―政府・与党
  同じ会社に勤めている期間が長いほど、
 退職一時金を受け取る際に
 手厚い税優遇が受けられる
 現行の退職金税制について、
 2024年度税制改正では
 見直さない方向で、
 政府・与党が
 調整していることが30日、分かった。
 来年以降の年金制度改革に合わせ、
 25年度税制改正で
 本格的に議論を進める考え。


  政府が6月に決定した
 「新しい資本主義」の実行計画では、
 退職金税制が
 「自らの選択による
 労働移動の円滑化を阻害している」とし、
 是正する方針を示した。
 しかし、制度見直しで税負担が増える
 との懸念がSNSなどを中心に広まり、
 「サラリーマン増税」
 と批判が集まっていた。』


 とりあえず、
24年度改正では見直されませんが、
その後は着実に進めてくるでしょう。
そりゃまあ、
増税メガネと呼ばれても仕方がない。


 増税メガネのレッテルを払拭すべく、
岸田内閣が打ち出したのは
「一年限りの所得税定額減税」と、
滅茶苦茶にショボい政策でした。
減税の場合は、 なにしろ税法改正が
必要であるため、次期が来年度以降。
しかも、一回限り。


 額が小さすぎる上に、遅く、単発。
こんな減税で、
「増税メガネ」と怒りをぶつけている国民を
なだめられると、
本気で思っていたのでしょうか。


 24年度に一度だけ、
所得税の還付を受ける。


 それに対し、岸田内閣が継続し、
退職金増税が実施されるだけで、
一人当たり数十万円規模の
増税になります。
さらに、退職金を受け取る人たちが
次々に増税されていく。


 目先の4万円
(くどいですが、単発)に釣られて、
その数十倍の増税を推進する政権を、
間もなく実施される総選挙において、
日本の主権者たる我々は選択するのか。


 選択してはなりません。
自民党に票を入れ、
岸田内閣を継続させることは、
一回限りの減税と引き換えに、
恒久的な増税を認めるのと同意なのです。

政治・時事 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる