google.com, pub-9160001738840823, DIRECT, f08c47fec0942fa0 うつぺでぃあ! 2024年02月
fc2ブログ
4761275650
プロフィール

マッキー

Author:マッキー
鬱病歴約20年の
キモオタデブハゲヒキニート
様々な職歴と顔を持つ謎人間
最近は容姿・言動とも
仙人になりつつあるらしい

月別アーカイブ

新「経世済民」新聞

2024-02-28

 なかなか興味深い現象であり、
もしかしたら
日本史のエポックメイキングになる
可能性もあるため、
本件を記録しておこうと思います。


 元々は、
「安倍派(後に他の派閥にも波及)の
国会議員が
派閥のパーティ券を販売し、
ノルマを超える販売ができた際に、
超過分をキックバック受け
(ここまでは合法)、
政治資金収支報告書に
記載していなかった(これが違法)」
 という問題でした。


 別に、パーティ券を販売し、
キックバックを受けたとして、
収支報告書に記載していれば
何の問題もなかったのです。


 ところが、その「入り」を
記載していないとなると、
どこに「出したのか?」という
問題になってしまう。
票を買える団体なのか? 
あるいは、派閥のお偉いさんなのか? 
いずれにせよ、
ガチでアウトな「支出先」
を想像されても仕方がないです。


「どこにも支出していない。
銀行預金にしていただけだ」
 となると、
今度は「脱税」になります。
雑収入として確定申告し、
税金を支払わなければならない。
というか、一般の国民は、
確実にそうなります。


 ところが、
「不記載は脱税ではないのか?」
という野党の指摘に対し、
鈴木財務大臣が、
「疑義が持たれた政治家が
政治責任を果たす、
そういう観点から
(議員個人が納税をするかどうか)
判断されるべきものであると思う」
 と答弁してしまったことから、
たまたま
確定申告のタイミングであったこともあり、
「#確定申告ボイコット」が
始まったわけです。


 いや、納税するかどうかって、
個人の判断に任されていたの? 
という話。


 というか、別に煽りなしで
疑問に思っているんだけど、
鈴木財務大臣を初めとする
財務省勢力は「バカ」なのか?


 『「#確定申告ボイコット」
10万件に押され…
鈴木俊一財務相が発言修正
「国民も議員も正しく申告を」
  自民党派閥の政治資金パーティーで
 受け取った裏金の税務処理を巡る
 自身の発言に批判が
 集まっていることを受け、
 鈴木俊一財務相は
 26日の衆院予算委員会で
 「国民であれ国会議員であれ、
 収入や経費を正しく計算し、
 所得が発生した場合には
 申告して頂く」と述べ、
 発言を修正した。


  問題となっているのは
 鈴木氏が22日の衆院予算委で、
 裏金を受け取った議員は
 所得として納税することになるかを
 問われた際に
 「疑義が持たれた政治家が
 政治責任を果たす、
 そういう観点から
 (議員個人が納税をするかどうか)
 判断されるべきものであると思う」
 と述べた答弁。
 納税は憲法で国民の義務
 と明記されている。
 にもかかわらず、
 答弁は政治家だけが 
 納税を個人の判断でできるともとれ、
 特別扱いだとして、
 交流サイト(SNS)で
 「納税は個人の自由だったのか」
 などと批判が広がった。

 (後略)』


 小泉今日子さんが、
24日のJwave
「TOKYO M.A.A.D SPIN」で、
「シーズン的には、
はあ…確定申告バカらしいっていう
気分です。
やめてほしい。
ちゃんと納税してから、
こっちに納税しろって言えって思う」
 と、語りましたが、
正直、わたくしも確定申告するのが
嫌で嫌でたまらない。


「税は財源ではない」
 云々の問題以前に、
「こんな連中」で構成されている日本政府に
自分の所得の一部
(というか、私の場合は
住民税入れると過半数)を
奪われるのに耐えられない。


 もちろん、最終的には
確定申告するでしょうが、
この「議員個人の納税は
自身の判断」に確定申告のタイミングが
重なったことで、
自民党や内閣に対する支持率は
一気に凋落することになりました。


 現在の日本で起きているのは、
特定の「誰か」に対する批判ではない。


 納税システムを含めた
「国家のシステム」に対する不信なのです
(無理もないですが)。


 今後、日本の政界は
荒れに荒れることになるのでしょうが、
その「後」に、少しでもマシな政権を
誕生させるべく、
努力をしていきたいと思います。
こういう時期は、
「革命政党(現在の日本では維新)」が
のし上がるのが、
歴史的なパターンです。

 それは、嫌だわ。

政治・時事 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる