google.com, pub-9160001738840823, DIRECT, f08c47fec0942fa0 うつぺでぃあ! 大学認可問題
fc2ブログ
4761275650
プロフィール

マッキー

Author:マッキー
鬱病歴約20年の
キモオタデブハゲヒキニート
様々な職歴と顔を持つ謎人間
最近は容姿・言動とも
仙人になりつつあるらしい

月別アーカイブ

大学認可問題

2012-11-11

過日、田中真紀子文科相が発言を翻して認可されることになった大学の学部新設認可の件ですが、
このニュース、報道を見ている限りではただの田中大臣の暴走のように受け取れます。

しかしちょっと待ってください。

この件、そんな単純なことでしょうか?


認可申請を出していた3大学は、ともにその学部用の校舎を建設し、設備を整え、志望者を募り、説明会まで行っています。
全て認可前に
これって何かおかしくありませんか?

一般的な会社なら、上司の許可を得てから、そのための具体的な準備にとりかかるものです。
オリンピックの招致でも、こういう設備を作る予定であるという段階で行い、決定してから準備にかかります。
しかし今回の件はそうではありません。
「準備はできてる。さっさと認可しろ」本音はここにあるように思えてなりません。

現在、学生の数は少子化の影響もあって減る一方であり、学生の確保のために各大学とも躍起になっている部分があることは否めません。
定員割れは当たり前。場合によってはセンター試験のみ、あるいは無試験で入学できる大学もあります。
早稲田大学のように「一芸入試」という特化能力を持った学生を迎え入れる制度を持つところもあります。
「大学に入ること」だけが目的だった時代は終わったのです。
重要なのは「大学に入って何を学び得るか」であり、有名大学出だからといって容易く内定が得られるわけでも、リストラの対象にならないわけでもありません。

今回こういう事態が起きたということは、これまではそれがまかり通っていたということを表しています。
田中大臣の一石による波紋は問題を浮き彫りにしたのみならず、こうした問題を世間一般に考えさせるきっかけにもなったように思うのです。
これをただ「暴走」の一言で片付けてしまっていいものでしょうか。

因みに札幌の大学には明日12日、認可状が渡されることになっています。
関連記事

政治・時事 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://minamisuzaku.blog115.fc2.com/tb.php/632-2e19ccf9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる