期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場 薬用パールホワイトプロ シャイン

うつぺでぃあ!

うつ歴〇年の私が綴る徒然なる毎日

40-32÷2=?

しばらく前に話題になったものですが、こちらの記事より。

通常なら掛け算割り算が先になるので「32÷2=16」「40-16=24」で正解は「24」とりますね。
実際に正解は「24」なのですが。
ところが記事中にこんな部分があります。

 40-32÷2=?
 小学生「4!」
 理系「よくわかってんじゃん」
 文系「やっぱわかんないか~w」

(青字部記事より引用。一部見やすく修正)

重要なのは、理系の人の反応です。
理系の人にとっては正解だということです。
記事中にも
 ちょっとイジワルな問題ではありますが、
分かった人からは「これは面白い」「久々に感心した」「口頭だったら間違いだよね」といった声も。
さて、みなさんは「よくわかってんじゃん」の理由が分かりましたか?

(青字部記事より引用。一部見やすく修正)

引用部の太字にご注目ください。
理系の人にとっても「口頭だったら間違い」なのに「わかってんじゃん」なんです。
さて、どういうことなんでしょうか。
正解は追記にて。





よく考えてからこちらをご覧になられましたでしょうか。
勿体付けずに教えろよ、とばかりにすぐこちらにきてしまった方は、
まず考えてみる癖をつけることをお勧めします。

さて、それではどういうことなのか説明を。
「口頭だったら間違い」ということは「書き文字だから合ってる」ということです。
そして小学生の答えをよく見てください。「4!」と勢いよく言って(書き文字ですが)ますね。
これが「4」だったら理系の人からも「やっぱわかんないか~w」になるのです。
つまり「4!」だからこそ理系の人からは正解に見えて、文系には見えない、ということなんです。

違いは「!」にあります。

実は高等数学になると巨大な数字をあつかったりすることもあるため、記号で数字や計算式を表したりすることがあるのです。
ここに出てくる「!」は「階乗(かいじょう)」といって、順列の問題などに使われます。
「全て互いに異なるn個(nは自然数)の数字を1からnまで順に掛けていく計算法」のことです。
例えば「プロ野球セ・リーグ6球団の順位の組み合わせは何通りあるか?」
という問題なら「6!」で「1×2×3×4×5×6=720」となり
この場合の求める答えは「720通り」となります。

では本題、今回の表題「40-32÷2=4!」とは。
「40-32÷2=1×2×3×4=24」
∴(ゆえに。数学の証明問題で使う記号)「4!」を理系の人が正解と見抜いたのは
こういう理由だったというわけなのでした。
わからなかった方、この説明でご理解いただけましたでしょうか。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバック URL

プロフィール

南老陽朱雀

Author:南老陽朱雀
鬱病歴〇年の
キモオタデブヒキニート
様々な職歴と顔を持つ謎人間
最近は容姿・言動とも
仙人になりつつあるらしい

検索フォーム

ブロとも申請フォーム